ビニール傘が好き

ビニール傘が好きです。

 

 

昔から好きだったわけではありません。一、二年前から。コンビニでお高いビニール傘を仕方ないと買ってから。

 

 

一目惚れてました。

いや、手に取ってレジを通して店の外で広げるまでは何も思っていませんでした。

ただの傘、道具、好きとか嫌いとか以前に何も感情を抱いていませんでした。

傘を開くまでは。

 

 

まず思った以上に大きい。ただ面積が広いってよりは、少し丸み帯びているので包み込まれる感じがある。

 

骨が結構しっかりしている。折りたたみ傘のようなやわやわとしなりパキパキ折れ曲がることなく、しっかりと芯を持ってまっすぐ手を広げている。

 

柄の部分は折りたたみ傘と違って始めからその長さのまま。ここがまたしっかりと硬く太い。だからぐっと握りしめて体を寄せられる。

 

ビニール傘だから特に柄はない。ただおろしたての白さがあるだけ。そのシンプルさがまた美しかった。この時買ったのはただの透明なものではなく、白く靄がかったものでした。それがまた女性の純白なスカートを思わせて綺麗だった。

 

 

夜遅くの雨降る帰り道、ということでなんだか気分が沈んだところに新調した傘が来たのだから、ただ単に気持ちが緩んだだけかも知れません。しかしやはり惚れてしまったのです。改めて気付いたビニール傘の造形美にやられてしまったのです。降りしきる雨から自分を濡らしながら私を包んでくれるビニール傘に惚れてしまったのです。

 

 

生きていく中で新しく出会うものより、気がついたらあった、当たり前のようにそこにいたものの方が多い気がします。 

というか、大概のものって、触れていてもそのものを思考する意識下にいれたことのないんじゃないでしょうか。

ものを見るものさしとして、サケであれば「美味しいか不味いか」、ハサミであれば「使えるか使えないか」。

まあ本来の用途に適したものさしでそのものを見るのは真っ当に正しくそれが1番ですが、そのもの自身を改めてじっと見つめて見つめることでわかる発見もあるのかなあと思いました。

 

 

憎い憎い憎い憎たらしい

周りの人間みんな憎い

みんな知らないところで苦労してるだとか

そんなこと知ってるけど

みんな楽して馬鹿みたいに人生イージーモードな気がする

私ばっかりってわけじゃないけど

ただ単に私が楽になりたいだけで

ただ勝ち組になって、上から目線で見下ろしたいだけで

みんな苦しめばいい

人生幸せに生きてる奴らなんてくそくらえ

最近何もしてない

何もしないで寝る

早く寝て遅く起きる

やる気が出ない、やる気がそもそもない

やらなきゃいけない、やらないとあとで困るってのはわかってる、わかってるけど

家に帰った瞬間どうでもよくなる

楽しいことも辛いこともどうでもいいから寝たいになる

多分楽しいことも本当は楽しくないんだろうな

ただ生きて、生命活動が維持できればいいんだろうな

テレビ見てTwitter見て何も考えないで1日終わればそれでいいんだよな

あーもうめんどくさいな

早く呼ばれないかな

MP1消費の毎日

1日ずつしか生きられない

 

今この瞬間死んでも後悔はしないって思いながら生きてたら1日ずつしか生きられなくなってた。

とりあえず今日1日生きられたら頑張ったね、ハンコあげるね、明日はどうだか知らないけど。

いつ死ぬかわからないから、今楽しく楽に生きよう、明日生きてるかなんて今日の私が知ったこっちゃない。

そうやって明日、この先未来の自分への投資もせず我慢もせず、今日の日付に赤ペンでバツ印をつける。

先が見えない、いつまでこんな最終回の後の番外編やってりゃいいんだ。

早く打ち切りにしてくれ

 

思考の排出

話すにしても書くにしても言語化するのは嫌いだ。苦手だ。

 

頭でぐちゃぐちゃと考えていることを言葉に出すことで、さっきまであった膨大な思考は一つにまとめられてしまう。

もふもふでふわふわとした毛玉が実は一本の糸であったような驚きと。

甘く溶ける茶色のお菓子の名前を知った時のすっきり感と。

思い出の品を売った時に付けられた査定額へのがっかり感と。

色々こみ上げてくる。

私の中で渦巻いているごちゃごちゃと汚い色のした思考を吐き出すことなく抱きしめていたい。

わかっていることとできること

タイトルのまんまです

わかっていることとできるは違いますね

I 「know」doing itとI 「can」 do itですね

文法は知りません

 

 

頭の理解と体の動作が一致するとは限らないです

頭ではこうした方がいいのはわかってる、最終決定が出ている、やれ!やれ!と言っているけど体が動いてくれません

シンジがエネルギー切れのエヴァに対して動け動けよって言ってる感じがします

 

 

本の影響ですが、脳は思考をするところではなく体全体の思考の集計所らしいです、一説です

そう考えると体全体では思考した結論を肯定しているのに動かないというとんだボイコットをしているようです

 

 

しかし、動かない理由としていくつかの原因が考えられます

 

一つ目

動かなくても損はしないから

確かに最善の選択は理解出来ている

しかし動かないことで最善にはならないが最悪にもならないから

満点は取れなくても赤点にはならないから

 

二つ目

出した思考の答えが好きではないから、気に食わないから

嫌なことはやりたくないに決まっています

 

三つ目

動かない今の自分が好きだから

 

集約はできるけど言葉でわけるならこんな感じ

 

 

あーーーーーー動きたい

眠いからとりあえず寝ます

仏像が好き

仏像が好きです

 

 

初めて好きになったのは小学6年生の修学旅行。鹿にしか興味がなかった東大寺の博物館に行った時。

角を曲がったらいた、大きな千手観音に心を打たれました。あの感覚は初めてだった。

 

旅行から帰ったらまとめの修学旅行新聞を書かなきゃいけないから!ということでやたらメモをして見てまわっていたが、もっと仏像を見たい!メモなんてめんどくさい!と仏像を見てまわった。

 

オタクなので悪と戦う神様は好きだ。

如来菩薩明王天部とランク分けされているのが好きだ。

四天王とか八部衆とか数字の入った部隊が好きだ。

一人一人装飾の違う衣装が好きだ。

よく考えたら仏像は昔の人の創作作品だ。好きにならないはずがなかった。

 

それもあったけど、別の理由もありました。

調べてて、「好きなこと、趣味の基準に無心になれることを加えるのもいい」っていうのがありました。

なるほどなあと思いました。

 

私が仏像が好きな理由として、無心になれることがあるかもしれないです。

大きかったり技巧の凝らしたものであったりするとより無心になれます。

どんな表情をしてるか、服装は格好は、細かく見ていきたいのにふと気付くと無心で眺めてしまいます。

何も考えずに、ただ仏像と同じ空間にいる、そんな時が好きです。や