読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仏像が好き

仏像が好きです

 

 

初めて好きになったのは小学6年生の修学旅行。鹿にしか興味がなかった東大寺の博物館に行った時。

角を曲がったらいた、大きな千手観音に心を打たれました。あの感覚は初めてだった。

 

旅行から帰ったらまとめの修学旅行新聞を書かなきゃいけないから!ということでやたらメモをして見てまわっていたが、もっと仏像を見たい!メモなんてめんどくさい!と仏像を見てまわった。

 

オタクなので悪と戦う神様は好きだ。

如来菩薩明王天部とランク分けされているのが好きだ。

四天王とか八部衆とか数字の入った部隊が好きだ。

一人一人装飾の違う衣装が好きだ。

よく考えたら仏像は昔の人の創作作品だ。好きにならないはずがなかった。

 

それもあったけど、別の理由もありました。

調べてて、「好きなこと、趣味の基準に無心になれることを加えるのもいい」っていうのがありました。

なるほどなあと思いました。

 

私が仏像が好きな理由として、無心になれることがあるかもしれないです。

大きかったり技巧の凝らしたものであったりするとより無心になれます。

どんな表情をしてるか、服装は格好は、細かく見ていきたいのにふと気付くと無心で眺めてしまいます。

何も考えずに、ただ仏像と同じ空間にいる、そんな時が好きです。や